2010年05月13日

<ハウステンボス>ペット同伴OK 15日から1匹500円(毎日新聞)

 大型リゾート施設「ハウステンボス」(HTB、長崎県佐世保市)は15日からペット同伴で入場できるようにする。入場料とは別に同伴料金は1頭当たり500円(年間会員は300円)。

 これまで宿泊施設の一部で同伴できたが、日帰り客のペットは施設で預かっていた。4月にペット雑誌の企画に協賛して愛犬同伴日を設けたところ、約300人の利用があり、解禁することにした。ペットの種類は問わない。屋内を除き、飲食施設のテラス(14カ所)も利用できる。同伴の際は注意点などを記した誓約書に署名する。

 15日は午前10時と午後1時からの各2時間、バラの季節を迎えたアートガーデンでペット撮影会を開き、写真はホームページに掲載する。【小川敏之】

新型インフル1年 麻痺した発熱外来、住民の不安を裁ききれず(産経新聞)
【写眼】安田菜津紀「明日を忘れないために」(産経新聞)
<御柱祭>柱から落ち2人死亡 長野・諏訪大社(毎日新聞)
日本人脱北支援者がノンフィクション刊行 飢餓からの逃避行、詳細に(産経新聞)
ワカメ産地偽装で前社長を逮捕=中国産を「鳴門産」−徳島県警(時事通信)
posted by モミヤマ ショウイチ at 09:55| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

普天間移設 沖縄県民大会始まる 知事も初参加で姿勢示す(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の国外・県外移設を求める県民大会(実行委主催)が25日午後3時から、同県読谷村の運動広場で始まった。10万人の参加が目標。県内各地から県民が続々と詰めかけ、開始前には会場が埋まった状態となった。

 超党派による普天間移設の大会は初めてで、仲井真弘多知事も初参加した。「県外」を求める沖縄ぐるみの強固な意思を改めて政府に突き付け、県内移設を断固拒否する姿勢を示すのが目的。

 政府の検討過程の中で、キャンプ・シュワブ陸上部(名護市)案やホワイトビーチ沖合(うるま市)案という県内移設案が浮上。自公政権時に日米で合意したシュワブ沿岸部の現行計画を模索する動きもあり、沖縄は強く反発している。

 大会では「県民の生命・財産・生活環境を守る」として「普天間を早期に閉鎖・返還し、県内移設を断念して国外・県外に移設することを強く求める」とする決議を採択する予定。【井本義親】

【関連ニュース】
普天間移設:徳之島2町長、首相来訪しても面会拒否
普天間移設:「岡田外相、微修正で受け入れ」米紙報道
普天間移設:首相、現行案を否定
普天間移設:沖縄知事、県民大会参加へ 発言を政府注視
普天間移設問題:鳩山首相、「職を賭す」 沖縄訪問に意欲

普天間移設、迷走の末の「現行計画回帰」?(読売新聞)
自治法改正案の誤りが判明し、参院総務委が散会(産経新聞)
日欧線は210便欠航=火山灰で−国交省(時事通信)
河村名古屋市長「市議会解散自転車で訴える」(読売新聞)
女性の上電車通過 すきまに体…無事(産経新聞)
posted by モミヤマ ショウイチ at 19:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

高速新料金、深まる対立…内閣一元化揺らぐ(読売新聞)

 高速道路の新料金制度をめぐり、民主党の小沢幹事長と前原国土交通相の対立が23日、先鋭化した。

 前原氏は同日の閣議後の記者会見で、「実質値上げ」となる新料金制度見直しを求めた小沢氏の対応を激しく非難した。鳩山政権の政策決定のあり方も揺らいでいる。

 前原氏は記者会見で、小沢氏の要求を「二律背反のことを言っている」と断じた。小沢氏が昨年12月、鳩山首相に提出した2010年度予算案の18項目の重点要望には「高速道路の整備」が盛り込まれていた。政府はその財源を生み出すために、現行の料金割引を減らし、新料金制度に移行する方針だからだ。

 民主党は鳩山首相の指導力を強化するため、党の政策調整の場である政策調査会(政調)を廃止し、「内閣一元化」を掲げた。しかし、実際には小沢氏が「有権者の意向」をたてに口出しする事態が起きている。

 前原氏は「小沢氏が(党が政府に)モノを言う窓口になってしまった。政調がないことが起因している」と語り、政策の責任が不明確になることへの懸念を示した。民主党内では、政策決定のあり方を見直すべきだとの声は多い。

 自民・公明連立政権では、与党の了承がなければ政府が国会に法案を提出できない「事前審査」の仕組みがあった。「国会審議の形骸(けいがい)化につながる」との批判もあったが、法案提出後、政府と党が対立する例はほとんどなかった。公明党の井上幹事長は23日の記者会見で、民主党の混乱について、「首相の指導力不足もあるし、政策決定のプロセスも不透明だ」と批判した。

 高速道路建設財源の裏付けとなる道路財政特別措置法改正案の国会審議は、党と政府の対立の影響で滞っている。平田健二民主党参院国会対策委員長は23日の記者会見で、「結論が出ない場合、次の国会でもいいではないか」と述べ、成立先送りを示唆した。

 前原国交相は6月からの新料金制度導入に変わりはないとの立場だが、鳩山首相は23日夜、首相官邸で記者団に、「変えるべきところがあれば変えるのは、当然のプロセスではないか」と述べ、小沢氏の意向に沿って見直すべきだとの考えを示した。

沖縄戦「集団自決」記述は継続審議 歴博が検討委 (産経新聞)
頭部も女性会社員=DNA型が一致−福岡県警(時事通信)
首相動静(4月16日)(時事通信)
政党交付金、8党に支給(時事通信)
「缶詰料理」ひと工夫で“料亭の味”(産経新聞)
posted by モミヤマ ショウイチ at 10:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。